旅をする猫

音楽と猫とごはんと日々の雑記

趣味

DTMの作業環境について書きました。
RPGツクールで自作の曲を入れたいな〜と思って作り始めたらいつのまにか趣味になっていました。
趣味が高じて集めていたら結構な数ですね;
買っただけでまだ使っていないものも結構多いです。
使い方が良くわらないとか知識不足とか…
音源にも良くわからない機能いっぱいあるし、ミックスとかマスタリングとかも謎なので本気で、
教えてくれるDTM講座とかあったら行きたいと思うものの、田舎すぎて生息している国にそんなもんねぇーーー

 

 

ファンタジーや民族系の音色が好きで音源が結構隔たってます。
East WestのQuantum Leapシリーズに憧れていて、最近はドングルなしでも使えるようになったと知って今年セールを狙って一気に買いました。そんな感じで1TBあったHDの容量が足りなくなって、とうとうSSDを買い足しました。音源の読み込みがかなり早くなったので、お財布には厳しいですが導入して良かったです。
お金があったら(なくても)音源買ってしまうのが困った所です。

元々はWindows使いですが、憧れの方々にLogic使いが多かったので思い切ってMacを導入しました。
Logicの音源を聴いていてCUBASEのHALionとはなんか違うぞ?って感じたのもきっかけです。結果、自分には合っていたと思うのでMacにして良かったです。

Singer Song Writer Liteで打ち込みをしていたのでMIDIの打ち込みが似たような感じでやりやすいとか、なんか曲と音がハマらない〜!!っていう音源での不満はほぼ無くなり、XPのサポート終了と共に私のWinは埃を被っています。
HALionの方が好きな音もあったりするので、結局どちらも必要かな。逆にフリーソフトMac対応が少なくて悲鳴を上げているというマイナス面もあります。sai使えない、ゲーム非対応ばかり、フリー音源も少ない。

広告を非表示にする